運動学|作業療法士国家試験問題

第58回国家試験 午前71

右下肢の筋を伸張している様子を図に示す。 最も伸張される筋はどれか。

第58回国家試験 午後70

肩甲骨外転・上方回旋を伴い肩関節屈曲位保持に作用するのはどれか。

第58回国家試験 午前74

正常歩行で遠心性収縮をする筋はどれか。 2 つ選べ。

第58回国家試験 午後69

筋と作用の組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。

第58回国家試験 午後74

運動学習の効率で正しいのはどれか。

第58回国家試験 午後71

肘関節屈曲のみに作用するのはどれか。

第58回国家試験 午前72

手指の筋と作用の組合せで正しいのはどれか。

第58回国家試験 午前73

鉄棒に肩関節屈曲 90°、肘関節屈曲 90°の肢位で懸垂している状態からゆっくりと体を下降させているとき、遠心性収縮をする筋はどれか。

第58回国家試験 午前70

足部内側縦アーチの維持に最も関与するのはどれか。

第58回国家試験 午後73

基本的立位姿勢を矢状面から観察した場合、重心線が通るのはどこか。